サイバータックス.jpは、頑張る個人を応援します!
住宅ローン控除の支援
「個人 ✕ 税金」を応援します。
Cyber tax Office Project
Produced by Ichikawa Accounting Office
住宅を買ったら税金どうなるサロン

 住宅資金贈与の非課税制度と住宅ローン控除をダブルで受けることはできますか?

 住宅取得等資金贈与の非課税制度と住宅ローン控除は、併用することができます。
 住宅取得資金贈与を非課税で受けつつ、残りの部分は住宅ローンで住宅を取得しているケースです。

 ダブル適用をさせる場合の注意点を教えてください

 住宅取得等資金贈与の非課税を受けた部分は、住宅ローン控除をうけることができません。

 例えば、
 【ローン残高>住宅価格-贈与額のケース】
  ① 住宅の取得価格 : 4000万円
  ② 贈与を受けた住宅取得資金 : 500万円
  ③ 住宅ローンの残額 : 3800万円
  まず②贈与額を①住宅の取得価格に充て、残りの部分が住宅ローンで購入したと考えます。
  そうすると、住宅ローン額は3800万円あるものの、贈与後の①-②=3500万円でよかったはずで、住宅ローン控除を適用すべきローン残高は3500万円、というように計算されるわけです。 このように、住宅資金贈与の非課税制度と住宅ローン控除をダブルで受ける場合には、贈与とローンのバランスを確認しておく必要があります。

  逆のパターンでは
 【ローン残高<住宅価格-贈与額のケース】
  ① 住宅の取得価格 : 4500万円
  ② 贈与を受けた住宅取得資金 : 500万円
  ③ 住宅ローンの残額 : 3800万円
  この場合、住宅ローン額が3800万円あり、①-②=4000万円に充当されます。
  そのため、住宅ローン控除を適用すべきローン残高は3800万円、となります。

 なお、ローン残高と贈与額のバランスのとり方として、あえて住宅資金贈与の非課税制度を使わない、などのやり方はありますので、事前に適用額の計算などをご相談下さい。